沿 革

1929年10月
東京都豊島区鈴木八郎により、鈴木製作所を設立。
ラジオ受信機用コイル類の製造販売を開始。
1937年
日本通信工業株式会社殿より、ラジオ受信機を受注。
1941年4月
社名を株式会社鈴木製作所(資本金18万円)として、営業品目を目線送受信機用の各種電源変圧器、塞流線輪、並びに低周波変成器の製造販売を始める。
1941年
日本無線株式会社殿の協力工場となる。
航空機用無線機、並びに船舶用無線機の各種変圧器を製作する。
1942年
海軍監督工場に指定される。
1945年
軍需省の命により、長野県上田市に疎開する。
終戦後、長野県上田市において、ボルター電機有限会社と社名を改める。
長野日本無線株式会社、富士通信機製造株式会社殿等に、各種変圧器を納入し、同時にラジオ用各種変圧器の製造販売を行う。
1950年4月
創設者 鈴木八郎の娘 智恵子と岡桂護 共同経営を行う。
1954年
ボルター電機有限会社を現住所(東京都豊島区)に移転。
1959年7月
業務拡大のため資本金500万円に増資。
ボルター電器工業株式会社に社名を変更し、岡 桂護 代表取締役に就任。
各種変圧器、電源装置の製造販売を行う。
1968年10月
福島県西白河郡表郷村に白河工場を建設。業務を開始する。
50VA以上の変圧器の充実を図り、10KVAまでの変圧器の製造開始。
1982年3月
中型変圧器、電源装置、リアクトルの製造を開始。
1991年12月
社名を株式会社ボルターに改名する。
工場拡張のため、資本金を1,000万円に増資する。
2003年7月
岡 珠実 代表取締役に就任。
2004年6月
工場拡張のため、資本金を1,500万円に増資する。
2004年7月
大型変圧器、大型リアクトルの受注に伴い、福島県白河郡東村に東村工場新設、作業場の拡張と、生産設備を新設し拡充する。
2004年12月
社長 岡 桂護 逝去の為、岡 珠実 代表取締役社長に就任する。
2016年3月
UL 1446 絶縁システム 認証取得
2018年3月
ISO 9001・2015取得